●キャッチ1●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ2●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ3●

●subキャッチsubキャッチ●

インプラント

インプラントとは

歯を失った時、お口の機能性や審美性を回復する方法として「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」がありますが、その機能性の高さから多くの患者様や歯科医師から支持されているのが、インプラントです。インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(歯の根っこ)を埋め込み、その上に人工の歯を装着させる方法です。顎の骨にしっかりと定着させるので、入れ歯のようにがたついたり外れたりするなどの違和感はありません。ご自分の歯のように、しっかりとものを噛んで食事を美味しく味わって頂くことができます。また、噛む力が顎の骨に伝わるので、入れ歯の長期装着により起こりがちな顎の骨の吸収も抑えることができます。

 

ブリッジ・入れ歯・インプラントの比較

ブリッジ
特徴 両隣の歯を削り、それらを土台として橋を架けるように人工歯を被せる方法
メリット ・比較的見た目がきれい
・装着時の違和感が少ない
・比較的短期間で治療が可能
デメリット ・両隣の歯を削らなくてはいけない
・土台となる両隣の歯に負担がかかる
・装置がずれて、食べかすが詰まることがある
入れ歯
特徴 歯を失った部分にクラスプ(金属のバネ)をかけて、取り外し可能な人工歯を装着する方法
メリット ・保険適用
・歯を削らなくていい
・短期間で治療が可能
デメリット ・硬いものがしっかり噛めない場合がある
・ぐらついたり外れたりすることがある
・クラスプがある入れ歯の場合、見た目があまり良くない
・装着時に違和感が生じる場合がある
・長期間装着し続けると、顎の骨が痩せる場合がある
インプラント
特徴 顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる方法
メリット ・硬いものでもしっかりと噛める
・見た目がきれい
・他の歯に負担をかけない
・顎の骨の吸収が抑えられる
デメリット ・外科手術が必要
・治療期間が長い
・全身疾患がある場合には、適用とならないことがある
・保険が適用されないため、費用が高額

インプラント治療の流れ

1カウンセリング

患者様から歯のお悩みをおうかがいした上で、インプラント治療について詳しくご説明します。治療に関してわからないこと、不安なことがありましたら、何でもお尋ねください。また、治療へのご要望などがあれば、遠慮せずに何でもおっしゃってください。

 

2検査・治療方針

欠損歯の本数、インプラントを埋め込む部位の骨の量などを、パノラマレントゲンやCTなどを使って多角的に検査します。その後、検査結果をもとに治療方針を決定します。

 

3事前治療

検査の結果、虫歯や歯周病などの病気が発見された場合には、先にそれらの治療を行います。

 

4治療方針の説明

検査結果をもとに決定した治療方針をご説明します。内容にご納得頂ければ、インプラント治療を開始します。

 

5手術(1回目)

歯茎を切開し、顎の骨を削ってインプラントを埋め込みます。手術に際しては麻酔を使用しますので、痛みを感じることがほとんどありません。

 

6治癒期間(3~6ヶ月程度)

埋め込んだインプラントが、顎の骨にしっかりと結合するのを待ちます。患者様によって異なりますが、一般的な治癒期間は3~6ヶ月程度です。

 

7手術(2回目)

インプラントと顎の骨が結合したのを確認した後、再度歯茎を切開し、インプラントの頭部を露出させ、そこに人工の歯との連結部分(アバットメント)を装着させます。その後、歯茎が治るまで通常1~6週間程度の治癒期間を設けます。

 

8上部構造(人工の歯)の作製・装着

歯茎の治癒を確認した後、歯型を採って上部構造(人工の歯)を作製します。患者様の歯の色や形に合った、最適なものを作製します。上部構造が完成したら、それをアバットメントに装着させます。

 

9定期メンテナンス

人工の歯を装着させたら、定期的にご来院頂き、メンテナンスを行います。インプラントは「人口の歯が入ったら終わり」ではありません。その後の定期メンテナンスも含めて「インプラント治療」なのです。きちんと定期メンテナンスを受けることで、インプラントを長持ちさせることができるようになります。

国産メーカーのインプラントを採用

当院では、日本のインプラントシステムの中で最も歴史の古い、京セラの「POI」を採用しています。国産製品ですので安心してお使い頂けるだけでなく、顎の骨が薄い日本人にも適しているという特徴がありますので、質の高いインプラント治療が可能となります。

インプラント成功率100%

当院では患者様に安心・安全なインプラント治療を提供したいという考えから、スタンダードな治療方法である「2回法(手術を2回行う方法)」を行っております。インプラントには手術を1回だけ行う「1回法」や、抜歯と同時にインプラントを埋め込む「抜歯即時埋入」などの方法がありますが、これらの方法はインプラントの成功率が多少低下する可能性があるとされています。手術が1回で済むので患者様の負担を軽減することができるというメリットもありますが、当院では「患者様の安全」を最優先に考えて、2回法を基本としています。その結果、当院ではこれまでインプラント治療の失敗例はありません。成功率100%となっております。

 

よくあるご質問

手術は痛くありませんか?

手術に際しては麻酔を使用しますので、痛みはほとんど感じません。術後は抜歯時と同様の腫れが起こることもありますが、軽度ですので、すぐに治まります(患者様によって異なります)。

インプラントのメリットについて教えてください

インプラントには様々なメリットがありますが、特に大きなメリットとして「天然歯のようにものが噛めるようになる」という点が挙げられます。「食事を美味しく味わいたい」「硬いものをしっかり噛めるようになりたい」という方などにおすすめです。

治療の成功率はどのくらいですか?

当院では患者様に安心・安全なインプラント治療を提供したいという考えから、スタンダードな治療方法である「2回法(手術を2回行う方法)」を行っております。その結果、当院ではこれまでインプラント治療の失敗例はありません。成功率100%となっております。

インプラントはどのくらい持ちますか?

一般的に、術後10年の生存率は下顎で約98%、上顎で約96%とされています。治療後に定期メンテナンスを受けられることで、インプラントを長持ちさせることができるようになります。

年齢制限はありますか?

顎の骨の成長が終わるとされている18歳以上の方であれば、基本的には年齢制限はありません。インプラントを埋め込むのに必要な顎の骨の量があるなど、適切に治療が受けられる条件が整ってさえいれば、どなたでも治療を受けて頂くことができます。

ながさわ歯科 BLOG お問合せ 24hネット予約