●キャッチ1●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ2●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ3●

●subキャッチsubキャッチ●

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは、お子様のお口の健康を守るための歯科治療です。乳歯は永久歯よりも歯質が弱いため、虫歯になりやすいとされています。また、一度虫歯になると進行が早いので注意が必要です。お母様の中には「乳歯は生え変わるので、虫歯になっても大丈夫」とお考えになっている方もいるようですが、そんなことはありません。乳歯の虫歯をそのままにすると、ものをしっかり噛めなくなることで顎の発育に悪影響をおよぼしたり、永久歯の歯並びの乱れや変色の原因となったりすることがあります。「乳歯だから大丈夫」とお考えにならずに、お子様の歯に虫歯がある場合には、すぐに歯科医院で適切な治療を受けさせてあげるようにしてください。

お子様を「歯医者嫌い」にしないために

お子様を「歯医者嫌い」にしないために、当院では決して押さえつけて治療したりはしません。お子様一人ひとりに合わせて、優しく丁寧に治療を進めて参ります。そうして、お子様のことを第一に考えた治療を提供し続けた結果、多くのお母様から「ながさわ歯科なら安心!」というお声を頂戴しています。

子供のうちから定期検診を受ける習慣を身に付けさせてあげてください

これは大人の方にも言えることですが、歯の健康を守る上で「歯科医院で定期検診を受ける」ことは欠かせません。「歯医者は歯が痛くなってから行くところ」とお考えになっているかもしれませんが、そうではなく、「歯を病気から守るために通うところ」でもあるのです。なので、虫歯などの病気にかかっていなくても、当院で定期検診を受けさせてあげて、常にお口の中の健康状態をチェックするようにしてください。そうすることで、大切なお子様の歯を病気から守れる可能性が飛躍的に高まります。
また、定期的に歯科医院で検診を受ける習慣が身に付いていれば、いざ病気にかかった時でも、スムーズに診療が受けられるようになります。そして何より、病気予防に努めることで、結果的に医療費を抑えることができるようになります。このように、歯科医院での定期検診は、お子様やお母様にとって大きなメリットをもたらすものなのです。

小児歯科の診療メニュー

フッ素洗口

虫歯菌への抵抗力が高まるフッ素入りのうがい液を口に含み、ぶくぶくとうがいするだけの簡単な予防です。4~14歳まで継続することで、20歳での虫歯保有率を飛躍的に低下させることができるというデータもあり、お子様の歯を病気から守る上で、非常に高い効果が期待できます。当院でも、強くおすすめしている予防方法です。

 

フッ素塗布

虫歯菌への抵抗力が高まるフッ素を歯に塗布することで、歯質を強くし虫歯にかかりにくくします。フッ素洗口同様に、定期的に受けることで予防効果を高めることができます。また、歯の再石灰化を促進する作用があるので、初期の虫歯の症状改善にも効果を発揮します。

 

シーラント

奥歯は歯ブラシの毛先が入りにくいため、毎日きちんとブラッシングしていても虫歯になってしまうことがあります。そうして虫歯になりやすい奥歯の溝をフッ素入りのプラスチックで塞ぐことで、虫歯を予防する方法です。小学校低学年のお子様などにおすすめです。

 

ブラッシング指導

お子様の歯を病気から守る上で、ご自宅での毎日のブラッシングは欠かせません。しかし、いくら毎日歯を磨いていても、正しい方法で磨けていなかったり、歯に合っていないブラシを使用したりしていては、歯を虫歯などの病気から守れない場合があります。そうしたことがないように、お子様の歯の状態を確認した上で、一人一人に合った適切なブラッシング方法や、歯ブラシの選び方などを指導させて頂きます。また、お母様へ仕上げ磨きのアドバイスなどもさせて頂きます。

ながさわ歯科 BLOG お問合せ 24hネット予約