●キャッチ1●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ2●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ3●

●subキャッチsubキャッチ●

自費診療、義歯・入れ歯

自費診療

自費診療と保険診療の違いについて

歯科治療には、健康保険が適用される保険診療と、保険診療の適用外となる自費診療があります。保険診療の場合、患者様の医療費は全体の3割で、残りは国の負担となります。しかし自費診療の場合、すべて患者様の負担となります。また、保険診療では治療に応じて金額は決まっていますが、自費診療は歯科医院によって異なります。当院では、患者様の状態やご要望に応じて、適切な治療方法を提案しております。また、保険診療であれ自費診療であれ、患者様にご満足頂ける治療が提供できるように努めております。

 

当院の自費診療

  • インプラント
  • セラミック治療
  • ホワイトニング
  • 一部の入れ歯

義歯・入れ歯

入れ歯について

失った歯の機能性を回復する方法には、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」がありますが、このうち欠損歯の数が1~2本程度である場合にはブリッジを選択するのが一般的ですが、欠損歯の数が多い場合や、奥歯などブリッジが出来ない場合などには、入れ歯(義歯)を選択するのが一般的です。日本でよく使われているのは、クラスプと呼ばれる金属のバネを使用した部分入れ歯ですが、これ以外にもクラスプを使用しない「ノンクラスプデンチャー」という入れ歯などもあります。
入れ歯の種類によって健康保険が適用される場合と、されない場合がありますので、患者様の状態やご要望に沿って、適切な装置を提案させて頂きます。

 

当院の入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

クラスプを使用しない部分入れ歯です。クラスプがないでの審美性に優れており、他の人に入れ歯を装着しているが気づかれにくいという特徴があります。また、入れ歯自体が軽いので、装着時の違和感が少なく、ずれたり外れたりすることが少ないという特徴もあります。金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。お口まわりの審美性にこだわる方などにおすすめです。

特徴
  • クラスプがないので、審美性に優れている
  • 入れ歯を装着していることが気づかれにくい
  • 軽いので、装着時の違和感が少ない
  • 入れ歯がすれたり、外れたりすることが少ない
  • 金属アレルギーの方でも安心して使うことができる
金属床入れ歯

床部分を金属で作製した入れ歯です。金属を使用しているので耐久性に優れているほか、温度を自然に感じることができるので、食事を美味しく味わうことができます。また、入れ歯を薄く仕上げることができるため、装着時の違和感を少なくすることが可能です。様々な症例に適応します。

特徴
  • 金属を使用しているので、耐久性に優れている
  • 温度を自然に感じることができるので、食事を美味しく味わうことができる
  • 薄く仕上げることができるので、装着時の違和感が少ない
  • 様々な症例に適応
インプラントオーバーデンチャー

顎の骨にインプラントを埋め込み、それを土台として使い装着する入れ歯です。従来の入れ歯よりも安定感があるので、入れ歯が合わなくて困っている方などにおすすめです。また、クラスプを使用しないので、お口まわりの審美性を損なうことなくお使い頂けます。さらには、噛む力が強いため、従来の入れ歯よりもしっかりとものを噛むことができるようになります。

特徴
  • 従来の入れ歯よりも安定感がある
  • クラスプを使用しないので、審美性を損なわない
  • 噛む力が強いので、しっかりとものが噛めるようになる
ながさわ歯科 BLOG お問合せ 24hネット予約