●キャッチ1●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ2●

●subキャッチsubキャッチ●

●キャッチ3●

●subキャッチsubキャッチ●

一般歯科

虫歯

痛みの少ない虫歯治療

「虫歯治療=痛い」とお考えの方も多いかと思います。痛みに対して恐怖心が強いため、歯が病気にかっていても歯科医院に通うことができない方もいらっしゃるのではないでしょうか?そうした方にも安心して治療を受けて頂くために、当院では麻酔による痛みの少ない治療を提供しています。
しかし、麻酔注射の時に痛みが発生しては「痛みの少ない治療」を提供することにはなりませんので、麻酔注射時には表面麻酔薬を使用し、さらに電動注射器によって一定のスピードで麻酔液を注入することで痛みの発生を抑えるなどの配慮をしています。なお、当院では極めて痛みが発生しにくい強力な表面麻酔薬を使用しています。これにより、小さなお子様でもスムーズに治療を受けることができます。

歯を虫歯から守るために

歯を虫歯から守るためには、歯科医院で定期的にメンテナンスを受けることが大切です。当院では、歯に何の問題もない方であれば、3ヶ月に1回程度の頻度でメンテナンスを受けられることを推奨しています。なお、当院の院長は同年代の方と比べて非常に健康的な歯を持っています。これは、当院が実践している予防治療が効果的であることの「いいサンプル」であると考えています。虫歯は進行すると、歯を失うことにもつながる恐ろしい病気です。なので、いくつになってもご自身の歯を保ち、美味しく食事を食べたいとお考えであれば、当院で定期メンテナンスを受けられて、効果的に虫歯予防をはかられることをおすすめします。

 

歯周病

歯を失う一番の原因、それが歯周病です

歯周病の主な原因は、毎日のブラッシングなどで磨き残した歯垢(プラーク)です。この中にいる歯周病菌に感染することで、歯茎が腫れるなどの症状が現れます。そして症状が進行すると歯茎の腫れだけでなく、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて、歯がぐらぐらと動くようになります。さらに進行すると歯槽骨が歯を支えることができなくなり、そのまま抜け落ちてしまうこともあります。「歯が抜けるのは老化のせい」とお考えの方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。多くの方がこの歯周病により歯を失っており、現在、歯を失う一番の原因であるとされています(ちなみに、第2位は虫歯です)。

歯周病は全身の病気と深い関わりがあります

歯周病の恐ろしい点は、歯を失うことだけではありません。糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症など、全身の様々な病気とも深い関わりがあることがわかっています。こうしたことから、歯周病を予防することは、全身疾患の予防・治療にもつながると考えられています。

 

歯周病が「サイレントキラー」と呼ばれる理由

歯周病は「サイレントキラー」と呼ばれています。それは、初期段階には痛みやしみなどの自覚症状が極めて現れにくいため、気がついた時にはすでに症状が進行してしまっていたというケースが多いからです。歯周病の症状は「歯肉炎」と「歯周炎」の2つの段階に分類されますが、歯肉炎の段階であれば、ご自宅での適切なブラッシングや、歯科医院での歯石除去などにより改善させることが可能です。しかし初期に自覚症状が現れにくいため、患者様自身で早期発見・早期治療をはかることは簡単ではありません。そのため、歯周病を効果的に予防・治療するためには、歯科医院での定期検診が重要となります。

 

予防歯科

定期検診は費用対効果が高い

近年、「歯の病気を治す」ための治療ではなく、「歯を病気から守る」ための治療である予防歯科の重要性が広く知られるようになりました。その結果、多くの方が病気にかかる前に歯科医院に通院されるようになっていますが、まだまだ日本では「歯医者は歯が痛くなってから通うところ」という考え方が一般的です。
歯科医院で定期検診を受けることのメリットは、虫歯や歯周病などの病気に対して早期発見・早期治療がはかれるだけでなく、病気にかからないようにすることで、結果的に医療費が抑えられるというメリットもあります。「3ヶ月に1回歯科医院に通うとお金がかかる」とお考えになっているかもしれませんが、病気にかかって治療を受けた時にかかる費用のことを考えると、定期検診を受け続けた方が「お得」なのです。

 

病気予防にはPMTCがおすすめです

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯科医師や歯科衛生士が行う専門的なクリーニングのことで、普段のブラッシングでは落とせない虫歯菌の棲みついたバイオフィルムをきれいに除去することができます。また、歯垢や歯石も除去することができるので、歯周病予防としても大変効果的です。
毎日歯を磨いていても、磨き残しがあったりして、どうしても汚れは溜まってしまいます。そのため、お口の中を清潔な状態に保つためには、定期的にPMTCを受けることが大切です。定期的にPMTCを受けられている方は、そうでない方と比べて、短い治療時間で歯垢などの汚れを落とすことが可能です。また、定期的にクリーニングを受けていないと、麻酔が効きにくくなったりすることもありますので、是非3ヶ月に1回程度の頻度でPMTCを受けられるようにしてください。

痛みの少ない歯石除去を提供しています

歯石除去は歯周病などの病気予防に効果的ですが、「歯石除去は痛い」というイメージを持たれている方も多いかと思います。そうした痛みを抑える方法に麻酔がありますが、「麻酔注射してまで、歯石除去をしたくない」とお考えになられている方もいることでしょう。そうした方には、当院の「注射針を使わない強力な麻酔薬」による治療がおすすめです。こちらの方法であれば、麻酔注射にともなう痛みをほとんど感じることはありません。その結果、気軽に歯石除去を受けて頂くことができるようになります。

ながさわ歯科 BLOG お問合せ 24hネット予約